高齢の不妊を改善する治療法|とても発達した技術

選ばれている顕微受精

夫婦

高齢の歳になると、妊娠する能力が低下してしまいます。これを改善するために、不妊治療を受けることができ、体外受精や顕微受精などの施術を行い、受精成功率を高めてくれます。

Read More...

妊娠への努力は報われる

親子

結婚をする年齢が上がっているので、高齢での妊娠となり、不妊に悩む人も増えています。三十代になると高齢出産となり、妊娠もしにくくなります。不妊治療を受けるときには、夫婦二人で受診し、力を合わせた方が、効果も期待できます。

Read More...

体外受精の技術の発達

赤ちゃん

妊娠の確率が上昇しました

女性が高齢になり始めてからの出産は、高齢出産と呼ばれています。高齢出産の定義というのは、35歳以上の女性が子供を出産するときに用いられます。しかし高齢主産の定義が生まれた頃というのは、寿命が50歳と言われていた時代です。現在の35歳くらいであれば、子供を出産することは、それほど珍しいことではありません。これを可能にしているのが、不妊治療の技術がとても発達したことです。以前までの不妊治療では、生活習慣の改善や、月経周期の確認によるタイミング治療が中心でした。ところが現在の不妊治療では、体外受精の技術が発達して、妊娠の確率がかなり上昇したのです。こうしたことから最近は、体外受精によって高齢出産の不妊治療を行うことが人気になっています。

成功確率は高まります

体外受精の順序としては、まず排卵誘発剤を使用することが一般的です。排卵誘発剤を使用すると、排卵が予測し易いので、卵子の取り出しがし易くなります。排卵された卵子を取り出すと、これに男性の精子を加えて、受精卵を作り出すのです。しかし意外に見逃されてきたのが、男性の精子の問題です。男性の精子というのは、1回の射精でとてもたくさん作られます。ところがそれらは全て同じではなくて、活発なものと不活発なものが存在するのです。もちろん受精という点では、活発な精子のほうが成功確率は高まります。そこで最近の人工授精では、精子の選別を顕微鏡で行って、活発なものを利用するのです。したがって体外授精による高齢出産の不妊治療は、男性に目を向けることも大切です。

妊娠の可能性を高めるため

男女

女性の体では、高齢になるほど卵子が衰えますし、卵管が詰まりやすくなります。それにより不妊になる可能性が高くなるのですが、婦人科での不妊治療を受けることで、妊娠することが可能となります。ただし生活習慣の乱れが不妊の原因となっていることもあるので、その場合は生活習慣を見直すことも必要となります。

Read More...